JIDnews 290

JIDnews は、公益社団法人 日本インテリアデザイナー協会が発行する機関誌です。

SDGs官民連携プラットフォームに会員登録を致しました。

総務委員会 副理事長 小野上 勝志


3月16日(火) 総務委員会にて標記についてミーティングを行いました。
テーマは、JIDに於けるSDGsの取り組みについて
始めに小野上副理事長より、内閣府へのSDGs申請及び効果についての説明。
■内閣府へは、2月19日申請、3月9日 SDGs 官民連携プラットフォーム会員に登録されました。
また、SDGsへの取り組み効果については、
・JIDの活動の幅が広がりブランディングに有効。
 各種のプロジェクトをSDGsの視点で取り組むことで、より社会性を高める。
 会員の名刺や企画書などにSDGsロゴマーク表示によるブランディングが図れる。
・会員募集のインパクト
 新規会員募集の際など加入の動機付け、目標を共有した活動への繋がりが可能
・寄附金募集の動機付け
 寄附金募集の推進に役立つ。「JIDは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています」と表示する。
・SDGs事務局との繋がりを密に情報の交換が図れる。
などJIDの活動の充実につながることが見込まれる。

■SDGsとは、ご承知のように2015年9月の国連総会で国連加盟193カ国が賛同した国際目標。内閣府をはじめ各省庁が推進しているプロジェクトで、都道府県区市町村及び民間団体の多くが取り組んでおります。
日本語では、「持続可能な開発目標」と言われ、17の目標と169のターゲットがあり、地球規模で2030年までに達成を目指すものです。

■取り組みにあたっては、SDGsは難しく捉えずに、個人や企業、団体活動など日常取り組んでいる中で意識を持つことの大切さです。
JIDの各種活動やデザイナーとしての個人の仕事の中でSDGsを意識することで、身近な活動となります。2021年度はプラットフォームを準備し、SDGsに関する情報及び活動の共有化を図ってまいります。追々実例などを取り上げて報告していきたいと思います。
*3月19日 第7回理事会にて会員登録及2021年度の取り組みについて報告
*SDGsに関するお問い合わせは総務委員会まで


 

事務局からのお知らせ

新型コロナウイルス感染防止対策により、事務局業務(業務体制)は、当事務局が東京ガス施設OZONE館内にあるため、OZONE側の運営ガイドに準ずるようにしております。
今後OZONEの休館、一部閉館等の場合の事務局業務の対応につきましては、会員の皆様へ、その都度一斉メールでご案内をいたします。
よろしくお願いいたします。

          以上 ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。



新入会員紹介

【賛助会員】  ①企業名 ②会員番号 ③担当者 ④所在地 ⑤連絡先


①企業名株式会社JTB商事
②会員番号3245
③担当者建装部 本社建装営業所 所長
         松村 一美
④所在地〒164-0012
東京都中野区本町 2-46-1
⑤連絡先TEL 03-6832-4716
Email:kazumi-matsumura@jibtrading.jp


①企業名Andreu World Pacific株式会社
②会員番号3246
③担当者代表取締役
     イグナシオ バルベール パリス
④所在地〒107-0062
東京都港区南青山 2-19-6
ラティオ南青山 1F
⑤連絡先TEL 03-6804-2966
Email:tokyo@andreuworld.com




【退 会】

【正会員】
<北・東日本エリア>
  斉藤 武行氏
  佐々木 毅氏
  内藤 麻衣氏
<中日本エリア>
  桑田 和子氏
  関 里繒子氏
<西日本エリア>
  志波 大輔氏
  渡部 まさみ氏
<南日本エリア>
  中島 明美氏

【賛助会員】
  株式会社ランドイン
  大阪デザイナー学院


【会員数】2021年4月現在

   正会員         計  179名
        (北・東日本)   109名
        (中日本)     25名
        (西日本)     31名
        (南日本)     14名
   賛助会員        計  44社
   名誉会員        計  40名

                        以上