JIDnews 278

JIDnews は、公益社団法人 日本インテリアデザイナー協会が発行する機関誌です。



「JID AWARD 2017フォーラムin TOKYO」ご報告

北・東日本エリア/総務組織委員会 冨田恵子

平成30年1月12日(金)東京オペラシティタワー54階の東天紅において、本年度JID AWARDの受賞作品の中から3作品のデザイナーをお招きしたフォーラムと、毎年恒例の新年会であるJID NEW YEAR‘S PARTYを同時開催いたしました。
16:00から始まったフォーラムの第1部は、(株)イチデザイン 一之瀬 暁洋様(大賞)、富永大毅建築都市計画事務所 富永 大毅様(インテリアスペース部門賞)、(株)フィールドフォー・デザインオフィス 代田 哲也様(NEXTAGE部門賞/五十嵐久枝賞)の3名の受賞者にご登壇いただきました。
もう一人ご登壇を予定していたKatagiri Architecture+Design 片桐 和也様はインフルエンザのため残念ながら欠席となりましたが、事前にいただいた資料を元に清水選考委員が作品を紹介、3名の方には映像と共に各自受賞作品を詳しいエピソードを交えて紹介していただきました。その後セッティングを変えてフォーラム第2部であるトークセッションへと移行。再び清水忠男選考委員がコーディネータ役で登場、そこに小宮委員も加わり、登壇者3名と共に「インテリアデザインの明日」について、それぞれの仕事に対する思いや考え方を熱く語り合ってもらいました。
その熱量は会場にも伝わり、受賞者への質疑や感想などが積極的にあがる大変有意義で見応え、聞き応えのあるトークセッションとなりました。

盛会の内フォーラムは無事終了し、会場設営の時間を挟み18:30から開催されたNEW YEAR’S PARTYでも受賞者の周りにはグラス片手にゆるゆると人の輪が出来、和やかにトークセッションは時間の限り続きました。
今回も多くの皆様にご参加いただき、滞りなくフォーラムを終えることが出来ました事、ご登壇下さった受賞者の皆様はじめ、限られたマンパワーを存分に発揮していただいた北・東日本エリア運営メンバーならびに本部総務委員会のメンバーに心より御礼申し上げます。

 
第2部直前の様子        白熱のトークセッション