HOMEINFORMATION-インフォメーション・新着情報詳細

新着情報詳細

「World Interiors Week 2016 in JAPAN」開催概要を発表


・来年からインテリアデザインと暮らしを考える1週間として「World Interiors Week」を始動
・2016 年5 月23 日~29 日の1週間、全国でインテリアデザインのイベントを多数開催
・テーマは 「INTERIORS INTELLIGENCE」 、全国運動を世界と共有する
_______________________________________________________

公益社団法人日本インテリアデザイナー協会(理事長:喜多俊之、略称:JID)と公益財団法人日本デザイン振興会(会長:川上元美、略称:JDP)は、2016年5月下旬にインテリアデザインの振興を目的に「World Interiors Week 2016 in JAPAN」を共同で開催することを10月20日に発表しました。
「World Interiors Week 2016 in JAPAN」は、東京ミッドタウン・デザインハブを主要会場とし、「INTERIORS
INTELLIGENCE」をテーマにして全国規模で展開するイベントです。シンポジュームやセミナー、企画展、交流会などを国内各地の自治体やメーカー、デザイナー、教育機関などと連携して実施するもので、インテリアデザインや、住宅産業の活性化を目的として開催します。

【概要】
名 称:World Interiors Week 2016 in JAPAN
テーマ:「INTERIORS INTELLIGENCE」
会 期:2016年5月23日(月)~5月29日(日)の7日間
会 場:東京ミッドタウン・デザインハブをメイン会場とし、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、福岡など国内各地で同時開催を予定
プログラム:シンポジュームやセミナー、企画展など自主企画の他、自治体やメーカー、デザイナー、教育機関、などから募集を受けた参加型イベントを同時に開催
最新情報公開:JID (www.jid.or.jp)、JDP (www.jidp.or.jp)のウェブサイトおよび専用Facebookで随時公開
主 催:公益社団法人日本インテリアデザイナー協会、公益財団法人日本デザイン振興会

『インテリアの時代です』
日本におけるインテリアデザインは、住宅事情を反映してか、諸外国と比べ遅れをとっていたのが現状です。だたし、暮らし再考の風潮を受け、昨今はンテリアが見直されつつあります。
そこで、2016年から始動する「World Interiors Week 2016 in JAPAN」を契機に、インテリアデザインが社会、文化、私たちの将来の生活環境に果たす役割について、積極的に生活者とともに考える機会を設けたいと考えました。

① 背景
The International Federation of Interior Architects/Designers(IFI:国際インテリアアーキテクト/デザイナー団体連合)は加盟国110カ国、会員総数270,000人のインテリアデザイナー国際団体連合で、国連から認可を受ける国際組織INGO。また、UNESCOの認証を得て世界50ヶ国以上の都市を目標に 「IFIインテリア宣言」の承認を行い、同宣言の理念を共有し、実行することを目指し IFI「World Interiors Day」を推奨しています。IFI「World Interiors Day」は、共通のテーマを掲げ、住まいと環境その暮らしについて世界中で考える日として、毎年5月最終土曜日に世界同時イベントを実施しています。2016年のテーマは、2015年10月18日に開催されたIFI総会において「INTERIORS INTELLIGENCE」と公式に発表されました。

② 日本は5月の最終週土曜日を含めた1週間
IFIが推奨している「World Interiors Day」を受けて、IFIのメンバーであるJIDとJDPは、この活動を支援すると共に日本ではさらに拡張させ毎年最終土曜日を含めた1週間を、インテリアデザインと暮らしを考える週として「World Interiors Week in JAPAN」と称し広範囲な運動を展開します。2016年の会期は、5月23日~5月29日になります。

③全国運動を世界と共有します
JID とJDP は、4 つのミッションと2016 年テーマ「INTERIORS INTELLIGENCE」を掲げさまざまな活動をします。
ミッション1. 「みんなでつくる」参加運動の支援
ミッション2. 「日本と世界がつながる」
ミッション3. 「デザイン力」の再発見
ミッション4. 「暮らしの質」を高める

「みんなでつくる」参加運動は、創造性、想像力、ビジョンと情熱を傾けるインテリアデザインの専門家が、暮らしを大切にしている市民、デザイン愛好家の方々と連携して積極的に行動する全国的な自主参加イベントです。大きな都市の全体イベントから、小さい円卓デスカッションまで、種類・大きさ・さまざまな形で任意の場所で開催できます。期間中、メイン会場である東京ミッドタウン・デザインハブでは企画展「暮らしデザイン展」(仮称)のほか、国際展示会の最新情報や国内外メーカーによるトレンドセミナー、シンポジューム、交流会など様々なモデル事業を実施します。

さまざまなイベントに参加した人が生活環境を見直すことにより、暮らしやインテリアデザインの質が高まり、
私たちの将来のよい環境をつくること、産業全体に反映し発展に寄与することを目的としています。


※IFI第27回総会(韓国・光州)2015年10月17日~18日JID国際委員長・IFI理事の橋本修氏が出席
2016年テーマ「INTERIROS INTELLIGENCE」の公式発表があった。